介護老人保健施設 プラタナスの丘

デイケア(通所リハビリテーション)

お問い合わせは、こちらの直通連絡先までお願い致します。0295-53-3130

在宅での生活を維持していくために、心身機能の維持回復を目的として多種多様なリハビリテーション(個別リハ、集団リハ、生活リハ)を提供しております。また、認知症の予防・改善に役立つ「くもん式学習療法」を実施しております。

セラピスト

デイケアの意義

安心できる場所の提供をすることによって感情の安定につながること、また様々なリハビリ・レクリエーション活動により行動の活性化等につながる場となることが必要です。

リハビリにかける想い

筋力訓練・歩行訓練等の機能訓練だけでなく仲間と交流したり、新しい趣味を見つけ生活の質の向上にも働きかけていきたいと思います。

スタッフ

対象者
要支援・要介護 1~5の方
定員
30名
休日
日曜日・年末年始・夏季
※詳しくはお問い合わせ下さい。
ご利用期間
9:00~15:30
(上記以外の時間については ご相談ください)
サービス内容
専用車両にて送迎
入浴
食事
レクレーション・趣味活動・行事
リハビリテーション
健康・介護・生活福祉の相談
理容・美容

通所リハビリテーション 料金表

平成28年10月現在

利用時間 要介護度 1割
負担分
※食費
(おやつ含む)
入浴介助加算 サービス提供体制強化加算I1 介護職員処遇改善加算I 1日
あたり
3時間以上4時間未満 要介護1 444 600 50 18 17 1,129
要介護2 520 20 1,208
要介護3 596 23 1,287
要介護4 673 25 1,366
要介護5 749 28 1,445
4時間以上6時間未満 要介護1 559 600 50 18 21 1,248
要介護2 666 25 1,359
要介護3 772 29 1,469
要介護4 878 32 1,578
要介護5 984 36 1,688
6時間以上8時間未満 要介護1 726 600 50 18 27 1,421
要介護2 875 32 1,575
要介護3 1,022 37 1,727
要介護4 1,173 42 1,883
要介護5 1,321 47 2,036

※印は、課税対象品目です。別途消費税を頂きます。単位(円)

平成28年10月現在(単位:円)

その他の費用 金額
リハビリテーションマネジメント加算I 230/月
リハビリテーションマネジメント加算II1 開始から6ヶ月以内 1,020/月
リハビリテーションマネジメント加算II2 開始から6ヶ月超 700/月
短期集中個別リハビリテーション実施加算 退院(所)又は認定日から起算して3ヶ月以内 110/月
認知症短期集中リハビリテーション実施加算I 240/日
認知症短期集中リハビリテーション実施加算II 1,920/月
生活行為向上リハビリテーション実施加算1 開始日から6ヶ月以内 2,000/月
生活行為向上リハビリテーション実施加算2 開始日から6ヶ月超 1,000/月
若年性認知症利用者受入加算 60/日
栄養改善加算 150/日
口腔機能向上加算 150/日
重症療養加算 100/日
中重度者ケア体制加算 20/日
社会参加支援加算 12/日
※レクレーション費・行事参加費 費用等が発生する場合 例)入館料など 実費
※理美容代 ご希望により手配します 5,238円
※オムツ代 施設から支給した場合 実費
※学習療法テキスト代 500/月

※印は、課税対象品目です。別途消費税を頂きます。単位(円)

通所リハビリテーション 2割負担 料金表

平成28年10月現在

利用時間 要介護度 1割
負担分
※食費
(おやつ含む)
入浴介助加算 サービス提供体制強化加算I1 介護職員処遇改善加算I 1日
あたり
3時間以上4時間未満 要介護1 888 600 100 36 35 1,659
要介護2 1,040 40 1,816
要介護3 1,192 45 1,973
要介護4 1,346 50 2,132
要介護5 1,498 56 2,290
4時間以上6時間未満 要介護1 1,118 600 100 36 43 1,897
要介護2 1,332 50 2,118
要介護3 1,544 57 2,337
要介護4 1,756 64 2,768
要介護5 1,968 72 2,776
6時間以上8時間未満 要介護1 1,452 600 100 36 54 2,242
要介護2 1,750 64 2,550
要介護3 2,044 74 2,854
要介護4 2,346 84 3,166
要介護5 2,642 94 3,472

※印は、課税対象品目です。別途消費税を頂きます。単位(円)

平成28年10月現在(単位:円)

その他の費用 金額
リハビリテーションマネジメント加算I 460/月
リハビリテーションマネジメント加算II1 開始から6ヶ月以内 2,040/月
リハビリテーションマネジメント加算II2 開始から6ヶ月超 1,400/月
短期集中個別リハビリテーション実施加算 退院(所)又は認定日から起算して3ヶ月以内 220/月
認知症短期集中リハビリテーション実施加算I 480/日
認知症短期集中リハビリテーション実施加算II 3,840/月
生活行為向上リハビリテーション実施加算1 開始日から6ヶ月以内 4,000/月
生活行為向上リハビリテーション実施加算2 開始日から6ヶ月超 2,000/月
若年性認知症利用者受入加算 120/日
栄養改善加算 300/日
口腔機能向上加算 300/日
重症療養加算 200/日
中重度者ケア体制加算 40/日
社会参加支援加算 24/日
※レクレーション費・行事参加費 費用等が発生する場合 例)入館料など 実費
※理美容代 ご希望により手配します 5,238円
※オムツ代 施設から支給した場合 実費
※学習療法テキスト代 500/月

※印は、課税対象品目です。別途消費税を頂きます。単位(円)

介護予防通所リハビリテーション 料金表

平成28年10月現在(単位:円)

項目 要介護度 負担金分 サービス提供体制強化加算I1 介護職員処遇改善加算I 1ヶ月あたり
介護予防通所リハビリテーション費 要支援1 1,812 72 64 1,948
要支援2 3,715 144 131 3,990

平成28年10月現在(単位:円)

その他の利用料金 金額
※食費(おやつ代を含む) 600/1食
運動器機能向上加算 225/月
若年性認知症利用者受入加算 240/月
栄養改善加算 150/日
口腔機能向上加算 150/日
選択的サービス複数実施加算I 運動器機能向上及び栄養改善 480/月
運動器機能向上及び口腔機能向上 480/月
栄養改善及び口腔機能向上 480/月
選択的サービス複数実施加算II 運動器機能向上、栄養改善及び口腔機能向上 700/月
事業所評価加算 120/月
※レクレーション費 ・行事参加費 費用等が発生する場合 例)入館料など 実費
※理美容代 ご希望により手配します 5,238円
※オムツ代 施設から支給した場合 実費
※学習療法テキスト代 500/月

※印は、課税対象品目です。別途消費税を頂きます。単位(円)

介護予防通所リハビリテーション 2割負担 料金表

平成28年10月現在(単位:円)

項目 要介護度 負担金分 サービス提供体制強化加算I1 介護職員処遇改善加算I 1ヶ月あたり
介護予防通所リハビリテーション費 要支援1 3,624 144 128 3,896
要支援2 7,430 288 262 7,980

平成28年10月現在(単位:円)

その他の利用料金 金額
※食費(おやつ代を含む) 600/1食
運動器機能向上加算 450/月
若年性認知症利用者受入加算 480/月
栄養改善加算 300/日
口腔機能向上加算 300/日
選択的サービス複数実施加算I 運動器機能向上及び栄養改善 960/月
運動器機能向上及び口腔機能向上 960/月
栄養改善及び口腔機能向上 960/月
選択的サービス複数実施加算II 運動器機能向上、栄養改善及び口腔機能向上 1,400/月
事業所評価加算 240/月
※レクレーション費 ・行事参加費 費用等が発生する場合 例)入館料など 実費
※理美容代 ご希望により手配します 5,238円
※オムツ代 施設から支給した場合 実費
※学習療法テキスト代 500/月

※印は、課税対象品目です。別途消費税を頂きます。単位(円)

「頭の体操」のご案内

学習療法テキスト類 学習療法テキスト類 学習療法風景 学習療法風景

これまで認知症に伴う高齢者のコミュニケーション能力や身辺自立能力の衰えを改善させる療法が数多く提唱され、実践されてきました。しかし、いずれも経験則によるもので、残念ながら科学的、客観的に効果が証明されたものはありませんでした。
そのような中、日本における脳科学の第一人者である東北大学の川島隆太教授は、認知症の症状の多くが大脳の前頭前野と呼ばれる部分の働きと深い関係があることに着目しました。そして教授をリーダーとする共同研究チームによる実験の結果、読み書きや簡単な計算とコミュニケーションが最も前頭前野を活性化させることを発見しました。

実際の効果を科学的に確認するため、平成13年から福岡県大川市の高齢者介護施設で認知症高齢者の方々に読み書き・計算の学習をしていただきました。さらに、平成15年からは宮城県仙台市の施設でも同様の実験が行われました。
いずれの施設でも、会話ができるようになった、オムツがいらなくなったなどの変化が多数見られました。そして、脳機能の改善を見る検査の結果からは、科学的に効果を証明するデータが得られました。

この方法は「学習療法」と名づけられ、多くの介護施設で取り入れられるようになるとともに、認知症の予防にも応用されるようになっております。導入をしている「くもん学習療法」は、川島教授の共同研究者である、くもん学習療法センターが開発した教材、技術を用いるものです。当施設の担当スタッフが同社による研修を受講し、正しい方法で実施しておりますので、安心してご参加いただきたいと存じます。

ページトップへ